足の臭い

靴を脱いだら足の臭いが・・・男性でも女性でもこれは最大の悩みでしょう。1日中営業で革靴を履きっぱなし、仕事柄ゴム長靴を履きっぱなし、これでは臭くなってしまいますね。会社の中でサンダルを履いていても臭ってしまうのもかなりの悩みです。女性の場合はサンダル履きでもストッキングをはくので蒸れてしまうんですね。この足の臭い、なんとかしなくてはいけません。

足の臭いの原因

昔は足が臭いといったら革靴を履いて仕事をするサラリーマンに多かったのですが、現代では女性も男性に引けを取らずに社会で活躍する時代です。
長時間ストッキングにパンプスといった組み合わせで足の臭いに悩む女性も増えてきました。普段でも、季節を問わずにブーツを履く傾向にあり、足の臭いの元にもなっています。では何故足が臭ってしまうのでしょうか。原因は二つあります。
一つは汗が臭いの元になっているもの、一つは水虫ですね。水虫の場合、白癬きんが足の臭いの原因になっています。汗が原因になっているものはどうなのでしょう。汗は元々臭わないはずです。では謎に迫りましょう。

足の臭い・汗

汗が原因で足が臭う場合、元は汗のせいでも汗は元来臭いのないものです。
様々な要因で結果的に汗が臭ってしまうのです。「エクリン腺」という汗の穴が足の裏にはぎっしりと集まっています。足の裏は汗をかきやすく、たくさんある汗の穴からかなりの汗が排出されます。その汗が足についている雑きんや汚れ、皮脂などが汗に含まれる成分を分解して足が臭ってしまうのです。
革靴やブーツを履いていると靴の中は高温にもなり湿気もかなりのものになります。臭いを作る環境としては最高の環境になるのです。ストッキングもナイロン製で通気も悪く、サンダルを履いているのに足が臭ってしまうということになるのです。
足の臭いは食事にも関係してきて、脂っこいものを好んで摂っているとエクリン腺の働きに勢いがついてしまい、汗の量が多くなってしまうのです。

足の臭い対策

靴を履かないわけにはいかないからと、臭いに悩んでいながらも諦めてはいませんか? 努力次第で足の臭いは軽減されるのです。

足の洗い方

盲点になっているのがボディソープです。入浴時に体を洗うついでに足も洗う人が多いと思いますが、ボディソープは体を洗うもので大体の商品には保湿成分が入っています。その保湿成分で足も洗ってしまうと、靴を履いたときに蒸れの原因にもなりますので、足だけは別に固形石鹸で洗うことをお勧めします。面倒でも手を使って足の指の間まで、丁寧に洗いましょう。洗ったあとはパウダーをつけると多少の汗は抑えられます。できれば帰宅して靴を脱いですぐ洗うのが望ましいですね。朝、帰宅後、寝る前などに石鹸で足を洗い、乾燥させたあとにパウダーをつけます。

足湯

足の臭いの対策として、汗をかきづらいように足を洗うことも大切ですが、生活をしていく中で、どうしても足は汚れがちな場所でもあります。そのため、足を洗うことにプラスして足湯をしてみましょう。40度以上のちょっと熱めのお湯をバケツや大きめの洗面器にはり、お勧めは木酢液ですがなければ普通のお酢でもかまいませんので、お湯にコップ1杯程度を入れます。そのお湯の中に15分前後足を浸しましょう。血行がよくなり、汗を臭わせる雑きんを抑えてくれます。足を洗うこととこの足湯でかなり臭いは解消されるでしょう。

靴の手入れ

これもよく言われることですが、同じ靴ばかりを履かないようにしましょう。湿気を含んだままの靴を履き続けるのは臭いの最大の原因になりますね。できれば2足以上の靴を用意し、交互に履くのがいいでしょう。休ませている間の靴には靴用除湿剤を入れたり、消臭スプレーを使ったり消臭剤をいれておきましょう。靴下も通気性や吸水性のいいものを履き、ストッキングの場合は汗を吸いませんので、靴の中にインソールなどを入れて対策しましょう。炭などは臭いも湿気も取ってくれるので、靴を脱いだら入れておくようにしてもいいですね。

足にいいこと

足の臭い解消には清潔・乾燥だということがお分かりになりましたか? 清潔にすることは臭い消しにだけではなく、足にもとてもいいことです。靴の手入れも結果的には足にとっていいことですね。通気性のいい靴を履くようにし、できるだけ会社内ではサンダルに履き替えるなどして工夫しましょう。いつまでも蒸れた足のままだと水虫の原因にもなりますし、足にとって何もいいことはありません。臭いをなくすると、いきなり靴を脱ぐような場面に遭遇しても困ることはありませんね? だからといって油断して、穴のあいた靴下や伝線したストッキングを履いていては台無しですよ。



ページ先頭に戻る