かかとのひび割れ

かかとが乾燥して荒れ放題。かかとが縦にひび割れて歩くたびに痛い・・・ストッキングにサンダル履きの仕事をしていたときに初めて経験しました。ひび割れが縦に入っているので、歩くと傷が開き気味になってとても痛かったのを覚えています。後にも先にもかかとがひび割れたのはそのときだけでしたが、その後のかかとケアは欠かしていません。

かかとのひび割れの原因

潤いのある肌はひび割れません。干上がった池や沼を想像してみてください。旱魃地帯を思い出してみてください。池や沼の底や地面がひび割れていますね。
かかとも同じです。水分がなく、乾燥して水分がなくなって硬くなり、柔らかさをなくしたかかとに大きな力が加わるとひび割れてしまうのです。また乾燥とビタミンA不足でかかとのひび割れを起こすこともあります。
毎年恒例のようにひび割れてしまう場合、水虫が考えられます。夏に症状が軽くなり、冬になるとひび割れてしまうのを繰り返しているようであれば、痒みのない水虫かもしれません。一度皮膚科を受診してみましょう。

かかとのひび割れの治療

ひどくなると歩くのも困難になるほど痛いかかとのひび割れ。血が出て歩行困難にまでなってしまったら自己治療しようとせず、皮膚科での治療が快方への近道です。自分で治そうとして悪化させるよりも専門家に任せてしまった方がいいでしょう。角質増殖型白癬の水虫の場合も自己治療せずに皮膚科で治療しましょう。ただの角質肥厚が原因だと明らかな場合は、これまでかかとのケアで述べてきたようなフットケアを行います。ただ、保湿には尿素の入ったクリームがいいとお勧めしてきましたが、かかとのひび割れの場合は尿素が入っていると傷にしみてしまいます。ピリピリとしみるようでしたらひび割れへの刺激となってしまい、治るのも遅くなってしまいますので使用を中止してください。代わりにセラミドが配合されたクリームを使ってみましょう。この成分もかなりの保湿力がありますので効果的といえます。もちろん入浴や足湯でかかとの皮膚を柔らかくしておくことをお忘れなく。ワセリンは肌を潤す効果はありませんが、上から水分が逃げないようにコートしてくれる役割がありますので、セラミド配合のクリームを塗った後などに更に上からワセリンを塗るのも効果的です。

ひび割れ対策

冬がくるたびに、かかとが切れて痛い思いをするのはもうウンザリ。そう思っているのに冬が近づくにつれてかかとがカサついてきて嫌な予感・・・やっぱり角質肥厚が始まってひび割れそう・・・そうならないためにも対策をしておきましょう。毎日の入浴後のクリームの使用や、かかと用のシートパックの使用など、かかとケアはかかさず行うようにします。ひび割れて痛い思いをしてから慌ててケアするよりも、ひどくなる前にケアしていた方が絶対的にツルツルかかとになるのが早いのですから。クリームを塗ったあとは靴下を履くのがお勧めですが、遠赤外線の効果のある靴下もあり、冷え性のある人にはもってこいです。

かかとのひび割れ体験

それまでは気になったときにだけ、入浴時に軽石をかける程度でした。かける程度といっても何もわからず無知だったために、硬くなりかけているかかとが気になってゴシゴシこすっていたんです。そのときは確かにツルツルスベスベになるのですが、またすぐゴワゴワしてきます。保湿が必要だなんて考えも微塵もなく、軽石をかけすぎると益々皮膚が硬くなるとも知らず。仕事は制服の下は必ずストッキングでサンダル履きでした。ある日、なんだかストッキングがかかとにひっかかるなと思っていたんです。そのうちかかとから伝線することが多くなっていき、ピリっとかかとに痛みが走るようになったのです。そこまでいかなければ気づかない自分も自分ですが・・・見るとかかとに白く縦線が入り(乾燥していたんですね)、その線をよくよく見るとひび割れています。動き回ると足に体重がかかってひび割れの傷口が開き気味になってその痛いこと。無謀にも尿素の入ったクリームをしみるのも我慢して、クリームを塗ったあとはラップでぐるぐる巻きにし、その上から靴下を履いて毎晩寝ました。仕事から帰るとすぐバケツにお湯をとってかかとをふやかして柔らかくし、家の中では常に靴下の中はラップで包まれた足でいました。続けること1週間。なんとかスベスベまでとはいきませんが乾燥したゴワゴワのかかとから脱出できました。お風呂で体を洗うのに、ボディソープの泡がついても飛び上がるくらいしみていたので、もうあんな思いをするのは嫌だ、面倒でもひどくなってからケアするよりも、日頃からケアしていた方が楽だ! そう思うようになり、顔の手入れ同様、かかとも毎日ケアするようになってからは、乾燥しらずのツルツルスベスベな赤みをおびたかかとをしています。努力するというよりも、習慣づけてしまえば気にならずに当たり前のこととしてフットケアできますので、皆さんも頑張って綺麗なかかとを手にいれてくださいね!



ページ先頭に戻る