かかとのケア

フットケアで一番気になる場所はどこですか?「かかと」と答える人が多いですね。ガサガサコチコチになりがちなかかと。かかとの皮膚が白く乾燥してしまい、素足になるのが嫌だけどミュールやサンダルは履きたい・・・頭を抱えてしまいますよね。

どうしてかかとは荒れやすい?

空気が乾燥する冬はかかとも乾燥して荒れやすい、夏だからといって油断していると冷房や紫外線のせいでなんだか年中かかとが荒れている・・・どうしてでしょう。かかとは角質層が厚く、どうしても乾燥しがちになります。お顔の乾燥は気になっても、普段靴下などを履いているかかとはあまり目に留まらずに、気づいたときにはガサガサの荒れ放題。なんてことになっていませんか? 歩くときの足の動きを思い浮かべてください。かかとから足をつきますね? それだけかかとは使われているのに荒れはじめに気づかれず、皮膚が厚くなり、皮脂の量も少ない場所なので乾燥してどんどん荒れていくのです。私たちは子供の体と違い、水分量を体内に維持していく力が年々弱まっていきます。子供は体に水分をとどめておく力がまだあるために、頬を見てもかかとを見ても瑞々しいのですね。

かかとをケアする方法

かかとがガサガサガチガチになる前に、しっかりケアしていきましょう。乾燥が進んで角質化が進んでしまっては、やわらかいかかとに戻るまでは時間と手間がかかります。ひびわれてしまってからでは余計に大変でしょう。そうなる前に、かかとが乾燥しがちな場所だというのが分かったのですから、しっかりと保湿のケアをしましょう。

お風呂

入浴時にはゆっくりと湯船に浸かり、皮膚をやわらかくしましょう。角質があると保湿ケアしても保湿成分が浸透しませんので、かかとに軽石をかけてあげます。もちろん必要以上にゴシゴシこすってはいけません。やさしくクルクルと行います。軽石を使わずに、かかと用のスクラブ入りのゴマージュやジェルを使用してもかまいません。洗面器にアロマオイルをたらして数分足をつけておくのもいい方法ですね。

クリーム

入浴後、かかとがやわらかいうちに油分を補給してあげましょう。足の裏には汗腺はたくさんあっても皮脂腺はありません。油分を与えることで保湿のお手伝いをしましょう。入浴後、かかとがしっかり乾いてしまっては油分を与えても浸透していきませんので、水分がかかとから蒸発していく前にクリームを塗ります。かかと専用のものなどが販売されていますので利用してみましょう。かかと専用ではなくても、尿素の入っているクリームがお勧めです。尿素は体の中にある水分を肌表面に集めてくれる働きがあります。それにより、乾燥しているかかとも潤してくれるというわけです。もちろんゴシゴシこすらずに、ゆっくりとマッサージするようにすりこんでいきます。

靴下

かかとにクリームを塗ったらなじむまでの間でもいいので靴下を履きましょう。かかと部分にゲルマニウムが練りこんでいたり、保湿シートのついたかかとケア用の靴下もありますので利用してみてもいいでしょう。かかとの乾燥防止効果のあるものばかりですので、一度試してみてはいかがですか?

室内での過ごし方

室内では夏冬を問わず、素足でいる人は意外と多いものです。かかと、危険信号出していませんか? 靴下を履かずにいるとかかとの乾燥が進みます。できれば靴下を履き、冬の暖房で温風ヒーターなどを使っている場合は、直接足元に温風を当てないようにしましょう。ルームシューズを履くのもいい案かもしれません。足元も暖かいですし乾燥もしません。入浴後にすぐ布団に入らない場合はルームシューズですね。お風呂上りに靴下は誰でも履きたくないものです。しっかりかかとをケアして、角質化して硬くならないよう、ひび割れなどしないように綺麗なピンクのかかとでいましょう。



ページ先頭に戻る