足の脱毛

足の脱毛は腕の脱毛よりも頭を悩ますものです。腕は脱色で済ませるけれど、足は脱色で済ませないでツルツルになりたいものです。だからといって、カミソリや毛抜きで自己処理をして肌荒れを起こしていては本末転倒です。なんとかきれいに脱毛できないものでしょうか。男性も無駄毛処理をする時代です。女性のあなたが無駄毛だらけではいけませんね。

永久脱毛

女性ならだれでもやってみたい永久脱毛。永久脱毛はその名の通り、ずっと永久に毛が生えてこないように脱毛することです。
以前の主流はニードル脱毛と呼ばれるもので、毛穴に細い針を刺して高周波を流し、毛根を壊して毛が生えなくする方法でした。
この方法だと痛みもかなりあり、1本ずつの処理なので時間もかなりかかりました。もちろん永久脱毛としてはかなりの評価もありますし、確実性もあります。現在広く行われている永久脱毛はレーザー脱毛になります。レーザー脱毛はニードル脱毛と違い、痛みもなく広範囲に短時間で脱毛できるのが特徴となっています。稀に永久脱毛を受けたのにまた毛が生えてきたということがありますが、それはレーザーの出力が弱いためです。レーザーの出力は高いものなので、経験と技術を持った医師が出力ギリギリの線で照射するのです。エステサロンなどではレーザーの出力が弱い場合もあり、脱毛効果が低いと感じる人もいるのです。

レーザー脱毛

医療レーザーによる脱毛法は、カミソリなどによる自己処理で黒く色素沈着してしまった肌の改善にも効果的です。このレーザー光線は黒い色素にだけ集中するので、無駄毛の毛根部だけではなく、黒ずんでしまった肌にも効果があるのです。日本に普及しているのはダイオードレーザーで、この他にもルビーレーザーやアレキサントライトレーザー、ヤグレーザーなどがありますが、日本人の肌には向いていなかったりあまり普及していなかったりします。電気による脱毛では産毛の脱毛は無理でしたが、レーザーは、産毛はもちろんのこと、広範囲で短時間の脱毛を実現しています。レーザーで脱毛するといっても毛の発毛周期に合わせての施術になりますので1〜2ヶ月に1度、おおよそ全部で3〜5回の施術が必要になります。半年〜1年ほどかかるのですね。レーザー脱毛を受けるには日焼けができませんし(脱毛できなくなってしまいます)、脱色もできません。生えてきた毛も抜いてはいけないなどの注意点はありますが、その後の無駄毛処理がなくなると思えば気になりませんね。レーザー脱毛を行ったからといって、その場で毛がなくなるわけではありません。時間がたつと、レーザーをあてた部分から毛がポロポロと抜け落ちます。このときに生えていなかった毛が生える頃に次のレーザー照射を行うといった感じになります。

発毛のメカニズム

発毛の周期をご存知ですか? ヘアサイクルとも呼ばれるこの発毛周期を知っていると、どのタイミングで脱毛を始めればいいのかがわかります。

成長期1

毛が成長をはじめる第一歩です。毛母細胞が分裂して毛球が新しく作られます。

成長期2

毛が皮膚の表に出てきます。毛母細胞が栄養分を吸い、毛が太くなって成長します。

退行期

毛母細胞の分裂がストップして毛が上に押し上げられ、毛球が縮小します。

休止期

毛と毛乳頭が離れて自然に毛が抜け落ちます。それから2ヶ月〜1年、休止期を挟んで再度次の発毛準備に入ります。

脱毛はこの発毛周期に合わせて行われます。

つるつるの足へ

皮膚科や美容外科、エステサロンなどでの永久脱毛は時間もお金もかかりますが、無駄毛の処理を行わなくてもいいというのはかなりの魅力ですね。自己処理だと肌荒れを起こしてしまい、ガサガサの足になってしまう場合もありますが、永久脱毛は肌を傷めることもありませんしつるつるの足になれるのです。時間とお金に余裕があればぜひとも行ってみたい脱毛法ですね。



ページ先頭に戻る