豆乳ローション

肌をしっとりさせてくれる豆乳。化粧水に最近よく使われている成分ですが、脱毛効果があるって知ってましたか? 脱毛クリームのように毛を溶かしたり、脱毛テープやワックスのように毛を剥ぎ取るのとはちょっと違いますが、するりと毛が抜けてくると大人気です。自分で作って使用している人も多いみたいですね。

豆乳ローションの効果

豆乳ローションで脱毛効果があるってどうしてでしょう。毛の生えるのにはホルモンの影響が大きく関わってきます。
男性ホルモンが多いと無駄毛が濃くなるのは誰でもご存知でしょう。豆乳の成分である大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをすることが知られています。女性ホルモンに似た大豆イソフラボンの成分を塗ることによって、男性ホルモンの働きを抑えて毛が生えるのを抑えると考えられます。女性ホルモンが多いと肌もきれいになりますから無駄毛も少なく、肌もきれいにと一石二鳥ですね。
使用方法は、無駄毛の気になる場所に、豆乳ローションを朝晩の1日2回、手にたっぷりと取ってすりこんでいきます。今ある無駄毛を剃ってからすりこむのがいいでしょう。肌は入浴後などで清潔なときに塗りましょう。朝はタオルで塗る場所を拭いてからにします。
目に見えて毛がなくなるものではありませんが、だいたい2週間を過ぎる頃から実感できるはずです。最近では、豆乳ローションにパイナップルのフルーツ酸の効果も加えたパイナップル豆乳ローションが人気です。

豆乳ローションはどれも脱毛効果あり?

豆乳ローションだからといって、どれもこれも脱毛効果があるわけではありません。どの豆乳ローションにも脱毛効果があったら、顔につける豆乳入りの化粧水を使うと眉毛もまつげもなくなってしまいます。豆乳を加熱してレモンのクエン酸で生まれる活性化大豆イソフラボンの力により、脱毛効果が生まれます。ですから豆乳ローションだからといって、どれもみんな脱毛効果があるわけではありません。

手作り豆乳ローション

豆乳ローションも、パイナップル豆乳ローションも市販はされていますが、面倒でなければ自分で作ってみませんか? 無添加なので安心して使えます。

材料

・豆乳(無調整で大豆固形分が8%以上あるもの) 500ml

・レモン 2個

・無水エタノール 46ml (消毒用エタノールの場合60ml)

・小鍋、キッチンペーパー、ザル、ボウル、計量カップ、スクイーザー、温度計(あれば)

作り方

・スクイーザーでレモンを絞る。このときレモンの皮の油が入らないように注意します。

・豆乳を鍋に入れて火にかけ、70度になったらレモン汁を入れます。湯葉ができないよう注意しましょう。温度計がない場合は熱くても指を入れて我慢できる程度です。

・弱火で10秒ほど攪拌して火からおろします。固まってトロトロ状態になります。

・エタノールを加えて攪拌します。

・ボウルに2枚に重ねたキッチンペーパーをしき、エタノールを加えたものを入れてしばらくそのまま冷まします。

・触れるくらいに覚めたらキッチンペーパーごと持ち上げて絞りましょう。

・完全に覚めたら容器に移します。冷蔵庫で1週間の保存ができます。使い切れない場合は冷凍保存で半年くらいもちます。解凍するときは自然解凍で使いましょう。

手作りパイナップル豆乳ローション

材料

・無調整豆乳(豆乳ローションで使うものと同じ成分で)

・レモン 2個

・パイナップルの芯 1個分

・にがり 大さじ2

作り方

・豆乳を耐熱容器に入れて電子レンジで5分加熱します。(60〜65度になるように加熱します)

・レモン2個分の汁を絞って入れます。攪拌すると分離して固まります。

・パイナップルの芯を細かく切ってにがりと共にミキサーにかけます。

・この間に冷めた豆乳をボウルに2〜3重に敷いたキッチンペーパーやサラシの上に流しいれます。

・ミキサーにかけたパイナップルの芯も一緒に入れます。

・絞ってできあがりです。保存方法は豆乳ローションと同じです

きれいな足へ

豆乳ローションを手作りすると、惜しげもなくたっぷりと使えますね。きれいな無駄毛のない足のために、毎日しっかりとお手入れしましょう。もうすぐピカピカの足が手に入るはずです。



ページ先頭に戻る